プロフィール

mebamani

Author:mebamani
青森県でルアーフィッシングを楽しんでおります。
最近ハマったカヤックフィッシングも紹介しておりますので気軽に遊びに来て下さい。


FC2カウンター


月別アーカイブ


カテゴリ


まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマセ

2006年2月25日(土)  中潮  場所/夏泊半島-浦田漁港・茂浦漁港 水温3.5℃



メバルを求めて再び夏泊半島へ。



最近、甘いものが欲しくなりおしるこを飲みながら風景画を取り捲り。



先週に引き続き災害復旧工事の為、片道車線です。(画像をクリックするとアップします。)





Sdsc02072 Sdsc02081































大島油目崎稲生漁港



Sdsc02083Sdsc02086_1



Sdsc02088









Sdsc02089_1 Sdsc02092 Sdsc02095





















浦田地区の磯場







Sdsc02098_1









Sdsc02100











Sdsc02104 稲生地区道路脇の磯、比較的釣りやすい磯でゴロタ場が広がっています。メバル釣り場では、おススメですが近くに慰霊碑があるので夜は、メチャクチャ怖い場所です。



次は、浦田漁港へ。



浦田漁港



Sdsc02105_1





Sdsc02106









Sdsc02108 



Sdsc02111









Sdsc02113 Sdsc02114











Sdsc02117 Sdsc02122











ヤマセ(東の風)なので山に囲まれた西側に入ったが変わらず強風、殆んど釣り不可能の状態でようやく手にした小ぶりのマゾイ!



再び茂浦漁港



冷えた体をビタミンC組で温めつつ(たまには、体に気を使ったつもり)



Sdsc02125 Sdsc02134











Sdsc02136 Sdsc02132











20cm級とサイズは、出ないももの数は釣れるので飽きないほどに楽しめました。



しかしメバルは、釣れないなぁ・・・・・(ヘタクソ)



帰り際、東滝漁港に行きましたが西側より酷く断念。



Sdsc02139 Sdsc02142











ミルクティーとダイドーのD-1コーヒー(新製品)を買って帰路に着きました。

スポンサーサイト

週末は、何時も天気が悪い!











2006年2月24日(金) 中潮 場所/ポートアイランド・1号埠頭・三菱北防波堤 水温4℃



残業が終わりホットコーヒーで体を温めつつ(ジョージアのオマケにつられ買っちゃいました)ポートアイランドへSdsc02060





曇りの天気のはずが雪混じり雨、しかもポートでは小型のソイ一尾のみ!



1号埠頭に移動するがアタリが全く無く三菱北防波堤へ!



昔、良い思いをしたポイントに入るが20cmのソイばかり・・・・・数がかなり出ます。



ちょっとずつ奥へ移動しながらの釣果です。



Dsc02044  



Sdsc02046Sdsc02047_1Sdsc02052











Sdsc02067 Sdsc02070











眠気覚ましのネスカフェの匠を飲みながら帰路に着きました。

月刊ソルトウォーター

Sdsc02043 月刊SALT WATER4月号



株式会社地球丸・定価1200円



「メバル大研究」ネーミングにそそられ即、買っちゃいました。



頭文字D・THE MOVIE

_254



頭文字D(イニシャルD)THE MOVIE・DVD発売





日本の人気コミックを、香港のアンドリュー・ラウとアラン・マックが監督。鈴木杏以外のメインキャストとして、香港、台湾の俳優が共演している。藤原とうふ店の息子、拓海は、日々の配達と父の指導で、下り坂の急カーブもハイスピードで走行するテクニックを身につけた。スピード自慢のドライバーたちから勝負を挑まれる拓海。究極のカーアクションと、主人公の青春ドラマがうまくマッチした展開だ。
   アジア各国で絶大な人気を誇るシンガーのジェイ・チョウが、長編映画に初主演。その初々しい演技は、拓海の不安定な心にぴったり合っている。原作にも登場する榛名山で撮影された走行シーンは、カーアクション映画史に残るといってもいい迫力。ガードレールぎりぎりで急カーブを曲がっていく映像に、ドライバーの足の動きや表情などが巧みに編集され、この上ないスピード感と臨場感を再現することに成功した。拓海の愛車「ハチロク(トヨタスプリンタートレノAE86)」の機能を存分に生かしたドライビング・テクには、マニアも納得するはず。広東語版は鈴木杏らが、日本語版は他のキャストが吹き替えで、やや違和感もあるが、アジア映画界のボーダーレスを実感させる意味で、評価されるべき作品である。

風裏を求めて!パート3

2月18日夏泊半島・茂浦地区の風景  水温2.5℃



Sdsc02016 Sdsc02024











Sdsc02022 Sdsc02020











Sdsc02026









Sdsc02035











風が強すぎて釣りにならねー。(かなりテンション下がってます)



ダイドーのコーンスープを飲んで一息つく・・・・(美味いねー。)



夏泊半島を一周して一番風が弱かった東滝へSdsc02037 !



しかし、かなりの激シブで港内には白鳥の姿までが・・・・・(ふとっボウズの文字が頭を過ぎったが。)



ボトムをネチネチ攻め執念の1尾・・・・・かなりキツかった。



釣果がイマイチなので風景画像で、ごまかしてます。


















 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。